menu
閉じる
  1. これから伸びる業界ランキング
  2. 安定している業界ランキング
閉じる
閉じる
  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング
  2. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング
  3. 未経験でも転職しやすい業界ランキング
  4. 沈む業界ランキング
  5. 安定している業界ランキング
  6. これから伸びる業界ランキング
  7. 不動産業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  8. 介護・福祉業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  9. 医療業界[製薬・医療機器] 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  10. アパレル・ファッション業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
閉じる

伸びる業界に転職するための業界研究サイト

安定している業界ランキング

安定している業界のランキングです。
安定しているということは、わずかずつでも業界規模が伸びていて、その伸びが長く続くであろうということです。
停滞は安定ではありませんので、このランキングで挙げている業界は、安定的に伸びていく業界と言えます。

1.鉄道・航空業界

伸び率は高くないですが、堅実な業界です。
今後も安定的に伸びていくかと言う点については、単純に利用者の数が増えていくかどうかというところになります。
日本の人口は長い目で見れば減っていくことになりますが、外国人観光客は増加している点や、社会インフラであるため料金をコントロールして収益が守られやすいという安定感があります。

就職・転職という面では、新卒で入らないと転職は難しい業界でもあります。
特に、鉄道の運転士や航空パイロットなどは、新卒でこの業界に入り、訓練を積んでいくことでなる職種という色合いが強いです。
事務方や管理畑の仕事であれば、転職も可能ではありますが、どうしても鉄道・航空業界を選ばなければならない理由は強くはないという印象です。

鉄道・航空業界の詳細はコチラ

2.エネルギー業界【ガス・電力・石油】

東京電力の原発問題などはありますが、やはり社会インフラとして強い安定感があります。
こちらも、人口減となった場合でも、1人当たりの負担分が増えることで、エネルギー業界としての利益は守ろうとされるでしょう。
少なくともこの先30年で、この構造が大きく変わる可能性は少ないため、中長期で見ても安定的な業界と言えます。

就職・転職という点では、やはりエネルギー業界も、設計や企画系の職種などを中心に業界にドップリの人が多いです。
営業職では転職や他業界からという人も増えますが、クローズドな業界性が強いため、そこまでおすすめとは言えません。
石油関連は、ガスや電力と違い、BtoBの色合いが強いため、会社営業の経験がある人でしたら、活躍しやすいでしょう。

エネルギー業界【ガス・電力・石油】の詳細はコチラ

3.医療業界【製薬・医療機器】

医療業界の製薬と医療機器が、同時に3位タイでランクインです。
社会インフラが整えば次は健康というのが人間の考え方ですので、インフラの次にランクインとなります。
製薬・医療機器共に、今後の少子高齢化社会で伸びていく力があります。
また、アジア・アフリカへの輸出進出にもまだまだ余力が残されており、安定的に伸びていくことが予測されます。

就職・転職という点では、研究職や設計職などは、理系大学院を卒業して研究者として就職する道がスタンダードです。
営業や事務系は広く門を開いており、MRや医療機器営業などは、ルート営業系の仕事も多いです。
IT業界のSEやプロマネ、不動産営業などから転職してくることが多く、長く働きたい業界としては狙い目です。

医療業界【医療機器】の詳細はコチラ
医療業界【製薬】の詳細はコチラ

関連記事

  1. これから伸びる業界ランキング

  2. 沈む業界ランキング

  3. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング

  4. 未経験でも転職しやすい業界ランキング

  5. まったり・ゆったり働ける業界ランキング

おすすめ記事

  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る