menu
閉じる
  1. これから伸びる業界ランキング
  2. 安定している業界ランキング
閉じる
閉じる
  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング
  2. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング
  3. 未経験でも転職しやすい業界ランキング
  4. 沈む業界ランキング
  5. 安定している業界ランキング
  6. これから伸びる業界ランキング
  7. 不動産業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  8. 介護・福祉業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  9. 医療業界[製薬・医療機器] 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  10. アパレル・ファッション業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
閉じる

伸びる業界に転職するための業界研究サイト

サービス業【アパレル】 転職 就職のための業界研究・評判

サービス業界の中でも、アパレルを扱っている業界の評判や口コミ情報を記載します。

▶働いていた人の口コミ

・洋服代にお金がかかる

・友達と予定が合わない

・平日休みなのでとこ行っても空いてる

・足の裏がカチカチになる、浮腫がとれない

・拘束時間が長い!!9時から22時とかなので飲みにもいない

・オシャレを楽しめる

・美意識高くなる

・正月,GWなど大型連休こそ必死で仕事

・何年働いても得る物はないし、将来性もない

・役職につかないと、長くできる仕事ではない

・女ばかりなので、仲間外れはあたりまえ

・辞めてから、男性上司がどれほど楽か実感した

・華やかな仕事かと思いきや 以外と体育会系。ストックではパッキンとかきれいな格好してガンガン積み重ねたりするし 売り場替えも店が大きいとかなり重労働

・辞めていく子が多いからすぐ昇給できるけどその分早く学び実力をつけないと恥をかく

・季節を先取りして服着ないといけないから、体調管理が大変

・アパレル本社勤務です。 サンプル等タダメで貰えるから服代かなり浮いた
だが、嫌なところは良い所を全部プロデューサーに持ってかれる

・労働のわりに給料低い

・休みの日以外は店の服を着なきゃいけないので本当に好きなお店じゃないと辛い

・自分でディスプレイしたマネキンのコーディネートそのままお買い上げいただいた時はすごくうれしい

・常連さんや話の弾むお客さまにあたると、とても楽しい

・好きなテイストのお店に勤務できれば、社販で買ったものが私服で着られるのでお得

・平日休みに慣れているので、映画館・ショッピング・ジムなどが空いてる

・お客さまに嫌がられることが分かっていても、まずはお声掛けをしなければいけない

・しつこいお客さまに捕まると、1時間以上かかって買わない時もあれば、無理な取り置きをお願いして帰ったりすることもある

・立ち仕事なので、履いてるものによってはかなり足が痛くなる

・服のセンスを考えるだけじゃなく、メイクや髪も毎日キレイにしなければいけない

・頑張って分だけ売り上げが延びるかるので楽しい。あとは服を安く買えたりおしゃれに磨きがかる

まとめ

アパレル販売員は特殊な資格もなく始められるので、比較的入りやすい業界だと思います。

しかし、「ただの洋服好き」と「アパレル販売員」は全く違うので、「仕事」としての意識が持てるかどうかが重要です。

なので接客が好きであること、服が好きであること、オシャレを研究できる人、細かい作業が好きな人、笑顔を普段から出せる人は向いていると言えます。

サービス業 【アパレル】 基本情報

▶業界規模:4兆7,867億円

▶経常利益計:3,475億円

▶売上高純利益率:+3.8%

▶過去5年の伸び率:+4.0%

▶総資産額:4兆1,156億円

▶労働者数:35,663人

▶平均年齢:38.9歳

▶平均勤続年数:12.3年

▶平均年収:507万円

▶どんな業界か

アパレル業界とは衣料品のデザイン、製造、販売、物流などに携わる産業のことを指します。 アパレル業界に属する企業は主にデザインや製造を手掛けるアパレルメーカー、商品の販売を手掛けるショップ販売に分けられます。

▶主な職種と仕事内容

[デザイナー]
アパレル業界の花形的職種で、アパレル商品のデザインをするスタッフで、一般的にファッションデザイナーと呼ばれる。職責に応じて、チーフデザイナー、アシスタントデザイナーに分かれているところが多い。大手ブランドになると、布帛、ニット、カットソー、小物別に、さらには布帛ひとつとっても重衣料(コートやジャケット)担当、トップス担当、ボトムス担当と分業されることもある。

[パタンナー]
パターン(洋服の型紙)をつくる職種をパタンナーという。デザイナーが描いたデザイン画をもとにもとにして、服を作るための型紙を作成する。パターンメーカーによって洋服のシルエットや着易さなどが変わってくるので洋服つくりには重責な職種である。

[マーチャンダイザー(MD)]
マーチャンダイザーとは商品(マーチャンダイズ)の仕入計画を行うスタッフのことで、商品構成計画から商品価格設定の価格計画、数量設定など広くマーチャンダイジング業務に携わるスタッフで、商品別の販売予算や利益予算までの責任を持つ。商品関係において会社の利益に大きな影響を及ぼす重要な任務である。

[プレス]
ファッション業界では広報担当スタッフのことを特にプレスアタッシェ、略してプレスと呼ぶ。広報とは一般的に自社の新商品に関する情報をマスコミに対して発表し、それを記事として取り上げてもらうことを目的とするが、ファッション業界では媒体として雑誌の比重が高く、商品の頻繁な貸し出しや広告タイアップ企画など特有な仕事が多いため、このように呼ばれる。

[グレーダー]
グレーディング(サイズ展開)とは標準サイズのパターンをもとにして、大小各種サイズの工業用パターンを作ることを専門に行う技術者のこと。

[マーカー]
生地に型紙を効率的にレイアウトをする作業のことをマーキングといい、生地を裁断する前に行う行程。この作業を専門に行うスタッフのマーカーという。最近のマーカーはコンピューター(マーキングCAD)で行うようになってきた。

[営業]
百貨店や専門店、量販店など小売の得意先に対し営業活動を行う。販売先別の予算及び利益予算の責任を持ち、商品の注文を受け、商品を納品したり、在庫状況の把握や店頭売れ筋(売れている商品)などの情報収集をする。
[ファッションコーディネーター]
ファッション商品の商品企画、商品構成企画、販売企画、販促企画などについて、指導や提案、助言する専門家。アパレル企業ではファッション・ディレクターとも言われる。

[生産管理(商品管理)]
展示会などの商品受注を受け生産活動に入るが、生産計画を立て工場への生地や付属品を手配し、商品の納期や数量など生産管理業務を行う。企業によっては、素材調達部門と生産管理部門に分かれている場合もある。

[物流管理]
企業の多くは流通センター、配送センターなどと呼ばれる施設を作り、製造工場からあがってきた商品を集め、入荷、検品、格納、仕分け、保管、出庫、返品処理などの業務を一貫して行っている。このように製造した商品を小売店へ配送する物流業務を行う。

関連記事

  1. 金融業界【クレジット・リース】 転職 就職のための業界研究・評判…

  2. 金融業界【証券】 転職 就職のための業界研究・評判

  3. マスコミ業界【広告・出版】 転職 就職のための業界研究・評判

  4. サービス業界【レジャー・エンタメ】 転職 就職のための業界研究・…

  5. 医療業界【製薬】 転職 就職のための業界研究・評判

  6. IT業界 転職 就職のための業界研究・評判

おすすめ記事

  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る