menu
閉じる
  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング
閉じる
閉じる
  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング
  2. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング
  3. 未経験でも転職しやすい業界ランキング
  4. 沈む業界ランキング
  5. 安定している業界ランキング
  6. これから伸びる業界ランキング
  7. 不動産業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  8. 介護・福祉業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  9. 医療業界[製薬・医療機器] 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  10. アパレル・ファッション業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
閉じる

伸びる業界に転職するための業界研究サイト

住宅・インテリア業界 転職 就職のための業界研究・評判

住宅・インテリア業界の評判や口コミ情報を記載します。

▶働いていた人の口コミ

・1日に14時間以上の労働を強要され、休みも月に1日程度で時間外賃金は極めて低い金額しか支払われず残業代や休日出勤の賃金が未払いだとして元社員が提訴しました

・昔勤めていた。平日休みだし確かに忙しい

・離職率が半端なく高い

・休みも仕事に行ってますが、自分で調節しながら休みも取ってます。

・8時に仕事に出掛け、遅くても22時までには帰って来ます! 飲み会がやたら多いので金が貯まらない

・部署によりけりですが、火・水休みが多いですね。あと飲み会も多いです。

・お盆休みと年末年始の休みはもらえます。

・お客さんも高い買い物だからワガママいったり、なんでも窓口になるから精神的ストレスたまる

・休みはほぼ水曜のみ。 その水曜も電話が鳴ることはしょっちゅう。 他の業者さんや役所は水曜休みじゃないので。

・そこそこ売っていたのでその分貰えてましたがやはり激務で子供とも休み以外はほぼ会えず。

・朝はゆっくり目の出勤時間で、帰りは9:00頃。平日休みの為、子供と一緒に過ごす時間が全然ありません。

・営業成績が良ければヘッドハンティングされて 給料は上がる。

・住宅関係は大半がブラックです

・住宅販売の事務職をしていました。 平の営業マンは、部長に連れられ毎晩のようにキャバクラや飲み会へ…。大変そうです。

・休みは水曜日のみで、そのたった一日の休みも仕事が入ればなくなります。朝は大体8時に出勤夜は11時頃帰宅します。

・歩合なので給料は本当に不安定。GWも全て出勤で まとまった休みは年末年始の7日程度と盆の3日程度のみです。

・わたしも住宅営業でした。 夜は遅かったですね。 夜中0時を回ることもしばしば。

・残業代はまず付きません。

・同期はノルマが達成できずほとんど辞めてしまった

まとめ

住宅業界に向いている人は共同作業ができる人と言われています。

現場の職人さんや現場監督とコミュニケーションを取っていかなければならないのはもちろんですが、それはお客様も同様。

お客様の要望を聞き、適切な提案をして、またお客様から意見をもらい…と、二人三脚で進んでいける人におすすめです。

住宅・インテリア業界 基本情報

▶業界規模:8兆9,721億円

▶経常利益計:6,965億円

▶売上高純利益率:+3.9%

▶過去5a年の伸び率:+5.3%

▶総資産額:10兆0,184億円

▶労働者数:50,153人

▶平均年齢:39.7歳

▶平均勤続年数:10.7年

▶平均年収:592万円

▶どんな業界か

住宅業界では、住宅メーカーが木造住宅や鉄骨住宅などの部材を用意し、さまざまな工法で住宅を組み立てる。全国展開する大手メーカーから地元に根ざした工務店まで、規模の異なる種々の企業がある。カーテンや床材など住宅の居住空間を快適にするために欠かせない商品を取扱っているのがインテリア業界。

▶主な職種と仕事内容

<住宅業界>

・営業
住まい作りをトータルでサポートする、顧客のパートナー的存在。顧客に対して住宅のプランを提案するほか、顧客の要望を設計部門や施工部門に伝える、住宅が完成した後のアフターフォローなど、幅広い仕事を担う。

・設計
顧客の住まいに対する要望を具体的にプランニングしていく仕事。現場の調査を行い、設計図や見積もりを作成し、建築プランを提案。工事開始後は設計通りに施工が行われているかをチェックする。安全性などを確保しながら、顧客の理想を形にする仕事。

・商品開発・研究開発
時代性や社会情勢など、あらゆる方向から消費者のニーズを探り、住宅の新しいプランを企画するのが商品開発の仕事。研究開発は、住宅の品質向上を目指し、建材や構造などを研究、開発する。

・リフォームアドバイザー
より快適な暮らしが実現できるよう、顧客の生活スタイルに合わせ、リフォームプランを提案。

・ハウジングアドバイザー
住宅展示場での受付や案内、資料作成、顧客相談の対応などを担う。

<インテリア業界>

・インテリアコーディネーター
壁紙や天井材などの内装、カーテンや照明器具、家具など、インテリアに関するあらゆる要素をコーディネートし、顧客に提案。顧客のニーズに合わせて、快適で機能的な住まい作りを目指す。

・キッチンスペシャリスト
顧客の要望に合わせて、よりよいキッチンづくりを提案。ライフスタイルや家族構成、体のサイズなど、いろいろな要素を考えながら、調理のしやすさ、安全性、インテリア性の優れたキッチン空間を考える。公益社団法人インテリア産業協会が資格試験を実施している。

・照明コンサルタント
一般の住宅をはじめ、店舗やホテル、オフィスなど、場所や用途に応じて快適な照明プランを立てる、もしくはアドバイスする。

関連記事

  1. メーカー業界【食品】 転職 就職のための業界研究・評判

  2. マスコミ業界【広告・出版】 転職 就職のための業界研究・評判

  3. メーカー業界【スポーツ用品・玩具・ゲーム】 転職 就職のための業…

  4. サービス業界【ホテル】 転職 就職のための業界研究・評判

  5. 医療業界【医療機器】 転職 就職のための業界研究・評判

  6. 鉄道・航空業界 転職 就職のための業界研究・評判

おすすめ記事

  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る