menu
閉じる
  1. これから伸びる業界ランキング
  2. 安定している業界ランキング
閉じる
閉じる
  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング
  2. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング
  3. 未経験でも転職しやすい業界ランキング
  4. 沈む業界ランキング
  5. 安定している業界ランキング
  6. これから伸びる業界ランキング
  7. 不動産業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  8. 介護・福祉業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  9. 医療業界[製薬・医療機器] 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  10. アパレル・ファッション業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
閉じる

伸びる業界に転職するための業界研究サイト

これから伸びる業界ランキング

これから伸びる業界のランキングです。
業界が伸びていくということは、上昇の流れにうまく乗ることができれば、待遇(収入)をよくすることができる可能性が高くなります。
しかし、伸びていく業界でも、会社選びや職種選びは重要ですので、うまく時流に乗れるように本サイトで基礎知識を付けていってください。

1.福祉・介護業界

業界の規模が大きくなっていく、という意味の伸び率はとても高い業界であり、ランク1位です。
今後、より少子高齢化が進んでいくにあたって、更に拡大していく業界と言えます。

しかし、就職・転職して働くという側面から考えると、業界が生まれて浅いため、まだまだ業界の労働環境が整っていないのが現実です。
法整備を初めとした業界整備も進んでいくと思われますので、現在、早めにこの業界に飛び込み、長い目で考えて業界の成長と共に、自身も成長していけたら良いと考える人にはお勧めです。
また、資格が給与に反映されやすく、資格の難易度も高くないため、未経験者でも飛び込みやすい業界でもあります。
福祉・介護業界の詳細はコチラ
介護業界の転職エージェント比較はコチラ

2.医療業界【製薬】

介護・福祉業界と並び、医療業界も今後更に伸びていく業界です。
製薬業界は、慢性的な病気が多くなるほど、使われる医薬品の数も多くなるため、やはりこれからの高齢化社会で活躍する業界です。
更に、個人的には介護福祉よりお勧めな点は、高齢化社会が終わったとしても、製薬の業界は安定的に残り続けるということです。
日本製の医薬品の品質の高さを持って、海外(アジア・アフリカ)への輸出も、より拡大していける可能性があります。
より安定的に伸び続けることが見込まれる業界と言えます。

就職・転職という側面では、未経験でも飛び込みやすいMRや事務系の職種があります。
研究職は理系の大学院を出ていないと入れないですし、一般的に転職の門が広く公開されている職種ではありません。
他業界の営業職や、コミュニケーションも求められるIT系のSEやプロマネよりも、製薬業界のMRのほうが安定的で伸びていくことが見込まれると考える人は多いようで、不動産業界やIT業界からの転職者が多いです。
医療業界【製薬】の詳細はコチラ
医療業界[製薬・医療機器]の転職エージェント比較はコチラ

3.医療業界【医療機器】

ほぼ、製薬と同じ理由でランクインです。
介護施設や医療施設が増えていくにあたって、医療機器が必ず必要になります。
また家庭介護も増えるでしょうから、個人向けの機器についても業界規模拡大が見込まれます。
製薬を2位にして、医療機器を3位として理由は、この先50年以降のお話で、少子高齢化社会が解消していった場合に、医薬品の需要の高さのほうが勝ると考えているためです。
とはいえ、輸出についても医薬品と同様で、アジア・アフリカなどの海外への輸出拡大の可能性がありますので、そこまで大きな差ではありません。

就職・転職という面では、やはり業界未経験でも飛び込みやすい、医療機関などへの医療機器導入・販売の仕事が考えやすいです。
医師を相手にすることが多いため、大変という意見もありますが、IT業界出身者は「医療機器のほうが楽だ。」という意見が多いです。
こちらも不動産業界やIT業界からの転職者が多く、そういったキツイ業界からの転職者は、医療機器のほうが安定していて楽だと、長続きしています。
医療業界【医療機器】の詳細はコチラ
医療業界[製薬・医療機器]の転職エージェント比較はコチラ

4.住宅・インテリア業界

都心を中心として、伸びている業界です。
建設なども関わってきますが、短期的に東京オリンピックに向けて、東京近郊に更に住宅や建物を増やしていることから、伸び率が高くなっています。
長期的に見ると、日本は人口が減っていくことが予測されるため、賃貸住宅などの需要は徐々に減っていきます。
その分、1軒1軒にかける金額が大きくなるため、インテリア系は単価を伸ばすことで、伸びていく可能性があると言われています。
移民政策や外国人労働者の取り込みなど、政府施策によっても、業界の伸び率が変わることが予測されるため、安定的に伸びていくかは疑問です。

就職・転職という面では、インテリア系が好きで、その道に進むための転職でしたら良いでしょう。
短期的に営業成績を上げて、たくさんの収入を得たいのであれば、住宅販売営業も良いでしょう。
長く勤めたいなら、住宅販売などの営業系で転職するよりも、医療系のほうがお勧めと言えます。
住宅・インテリア業界の詳細はコチラ
不動産業界の転職エージェント比較はコチラ

まとめ

業界の規模が大きくなっていくことを、伸びている業界だと表現しますが、働くことを考えると、今伸びているというだけではなく、その業界の働く環境にまで目を向ける必要があります。
また、今、伸びていても、10年後20年後はどうなのかを考えると、安定性も見ていく必要があります。
総合的に見ると、今回のランキングの中では、医療業界が一歩抜きんでています。

業界を決めたら、会社選びになります。
伸びていて、安定している業界でも、自分に合った会社に就職しなければ、元も子もありません。
良い会社に出会えるように、転職サイトや転職エージェントを有効に活用しましょう。

関連記事

  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング

  2. 沈む業界ランキング

  3. 安定している業界ランキング

  4. 未経験でも転職しやすい業界ランキング

  5. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング

おすすめ記事

  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る