menu
閉じる
  1. これから伸びる業界ランキング
  2. 安定している業界ランキング
閉じる
閉じる
  1. まったり・ゆったり働ける業界ランキング
  2. 頑張り次第で高収入が狙える業界ランキング
  3. 未経験でも転職しやすい業界ランキング
  4. 沈む業界ランキング
  5. 安定している業界ランキング
  6. これから伸びる業界ランキング
  7. 不動産業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  8. 介護・福祉業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  9. 医療業界[製薬・医療機器] 転職エージェント 比較・評判・口コミ
  10. アパレル・ファッション業界 転職エージェント 比較・評判・口コミ
閉じる

伸びる業界に転職するための業界研究サイト

サービス業界【旅行】 転職 就職のための業界研究・評判

サービス業界の中でも、旅行を扱っている業界の評判や口コミ情報を記載します。

▶働いていた人の口コミ

・給料が安い、基本給が安いうえに、残業代が出ない会社もありました。

・残業代は出ましたが、それにボーナスを合わせても、転職後に派遣(残業・ボーナスなし)で働いたお給料のほうが多かった。

・残業が多く終電あたりまえ。

・若手社員にも責任ある仕事が与えられるのでやりがいはありましたが、ストレスも大きかった。病気離職率が高いです。

・テロや戦争、病気などで、旅行を控えるムードになると、仕事がなくなります。

・良いホテルに安く泊まれたり、チケットが割安で取れたりなどの旅行好きならではのベネフィットがある

・旅行大好き人間として、毎日世界のことを考えたりして、仕事できるのなんて、夢見たい

・給料はアルバイト並、残業手当てほとんど無しで夜遅くまで働いてます。

・私の支店は保守的で女性同士のいびりも有りで、離職率も高いです。

・残業は多いし、手間暇かかる割には、あがりは少ない。私は魅力を感じなかった一人です。

・入社後数年は覚える事も多いし、雑用も多いです。

・ツライ下積み時代を乗り越えれば、航空会社やホテルからの接待旅行や業者同士の接待旅行や国内の旅館も非常に安価や無料で利用できます。

・定客がつけばセコセコ働かなくても指名で仕事をもらえるから気は楽。多少のミスが出ても信頼関係があるから見逃してもらえる。

・航空会社からの無料航空券はもらえるし、新しいホテルとか出来ても、研修とか言って招待してもらえる。

・一番考えたほうがいいのは、旅行会社は潰れる危険が大きいこと。大手でも危ないですよ。

まとめ

旅行業界は思っていたよりも勤務内容が厳しかったと感じている人も多く、離職率も高いです。

その理由は給与水準が低いこと、残業が多いこと、土日休みが少ないことが挙げられます。

つまりこの仕事が本当に好きではないと、なかなか長続きをするのが難しいといえます。

この仕事に向いている人は「旅行が好き」という人ではなく、「旅行を提案することが好き」ということが重要で

旅行を楽しみにしている人のために動く事が楽しいと感じられない人は旅行会社には向いていないと言えます。

サービス業界 【旅行】 基本情報

▶業界規模:1兆1,911億円

▶経常利益計:1,452億円

▶売上高純利益率:+2.4%

▶過去5年の伸び率:+12.5%

▶総資産額:4兆8,406億円

▶労働者数:5,683人

▶平均年齢:39.3歳

▶平均勤続年数:11.6年

▶平均年収:612万円

▶どんな業界か

旅行業界は、交通、宿泊など旅行に関する商品を仲介あるいは企画して販売する。

消費者のニーズやトレンドを読み取り、航空座席やホテル、現地での観光などを組み立てて、パッケージツアーを企画するのが旅行会社。そのツアーを仕入れて消費者に販売するのが旅行代理店だ。旅行会社の多くは旅行代理店の機能も持っている。鉄道会社や航空会社、バス会社などが代理店業を行っているケースもある。最近はインターネットでの旅行予約が主流になりつつあり、ネット専業旅行会社はどこも順調に業績を伸ばしている一方、老舗旅行会社も小規模店舗を減らし、その分ネット販売や大規模店での販売に力を注ぐなどして、収益率アップを図っている。

▶主な職種と仕事内容

[カウンターセールス]
来店した顧客にパッケージツアーや航空券などを営業・販売する。顧客のニーズを読み取り、プランを提案するなどコンサルティング能力が求められる。

[団体セールス]
企業や学校、各種団体など大口の顧客を訪れ、旅行商品を営業する。顧客の要望に合わせて企画を立て、ツアーの場合は添乗も行うなど、その旅行商品に関するすべての業務に携わる。

[企画]
旅行商品となるパッケージツアーなどを企画する。売れる企画を立てるためには、アイデアはもとよりマーケティング能力も必要。

[仕入れ]
航空券、鉄道など交通機関の座席やホテルの部屋を仕入れる。仕入れた座席・ホテルから企画が立てられることもあり、企画セクションとの連携が大切。

[手配]
現地での観光バスや食事、ガイドなどを手配する。旅行には日程変更やキャンセルがつきものなので、状況に合わせて臨機応変に対応しなければならない。

[ツアーコンダクター]
パッケージツアーに同行し、旅行者の引率やスケジュール管理、時にはガイドも行う。最近は専門の派遣会社に登録して仕事をするケースも増えている。また、外国語を話せるほうが有利なことも多い。海外添乗の場合資格が必要。

▶有利になる資格

【国内旅行業務取扱管理者】

■飛行機・イメージ
旅行業約款やJRの運賃計算など、国内旅行に関する知識が問われる資格。国内の旅行代理店にはこの国内旅行業務取扱管理者は責任者を勤めなければならないという決まりがあり、将来的なキャリアを見据えるならば取得しておきたい資格です。
上位資格である総合旅行業務取扱管理者は、国内旅行業務に加えて海外旅行業務の知識が問われます。国内旅行業務取扱管理者と比較すると、総合旅行業務取扱管理者は難易度がかなり高いので、学生のうちは国内旅行業務取扱管理者試験合格を目指すのが現実的でしょう。

■合格率 国内旅行業務取扱管理者・・・合格率30.9%(2013年度)

■勉強方法 出題内容は旅行業約款に関する暗記問題と運賃などの計算問題の2種類に分けられます。難易度の高い計算問題が多いため、過去問やテキストを利用して問題に慣れることが鍵となります。

関連記事

  1. 農林・水産業界 転職 就職のための業界研究・評判

  2. IT業界 転職 就職のための業界研究・評判

  3. 建設業界 転職 就職のための業界研究・評判

  4. 流通業界【商社】 転職 就職のための業界研究・評判

  5. サービス業 【冠婚葬祭】 転職 就職のための業界研究・評判

  6. 不動産業界 転職 就職のための業界研究・評判

おすすめ記事

  1. 安定している業界ランキング
  2. これから伸びる業界ランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る